FC2ブログ

Torus Vil.

2018/6/13(wed)『折坂悠太と3日満月』@栞日

山の薫る初夏。折坂悠太、初の松本ライブ。
バンド「表現(Hyogen)」として一昨年に共演し、現在松本在住の「3日満月(権頭真由、佐藤公哉)」との再び共演。

▼ 日程|2018.6.13[水]
▼ 時間|昼の部 15:00開場 / 15:30開演 / 16:30ごろ終演予定
     夜の部 18:30開場 / 19:00開演 / 20:30ごろ終演予定
▼ 会場|栞日1F
▼ 料金|昼の部 一般2,000円 / 中高生1,000円
     夜の部 一般2,500円 / 中高生1,500円
    (*各回とも小学生以下無料)
▼ 定員|30名
▼ 予約|Torus Vil.
▽ MAIL|torusvil@gmail.com
・ 件名|【 予約 】折坂悠太と3日満月
・ 本文|昼の部or夜の部 / 氏名 / 人数 / 電話番号 をお送りください。
▽ TEL| 0263-50-5967(栞日)

折坂悠太
orisakayuta_a.jpg
平成元年、鳥取生まれのシンガーソングライター。
幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。
2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。
2015年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。
2016年には自主1stアルバム『たむけ』をリリース。その後は合奏(バンド)編成でのライヴも行う。
2017年8月18日には、合奏編成にて初のワンマンライヴとなる「合奏わんまん」を代官山 晴れたら空に豆まいてにて行い、チケットは完売。同日より合奏編成で録音した会場限定盤「なつのべ live recording H29.07.02」を販売開始する。
2018年1月17日、合奏編成による初のスタジオ作EP「ざわめき」をリリースする。
独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。その音楽性とライヴパフォーマンスから、ゴンチチ、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、伊集院光、小山田壮平(ex: andymori)、坂口恭平、寺尾紗穂らより賛辞を受ける。
 
3日満月
3日満月ジャケット
権頭真由(アコーディオン/ピアノ/歌)、佐藤公哉(ヴァイオリン/パーカッション/歌)によるデュオ。2011年9月、チェコ共和国プラハの満月を長引かせて結成。不思議な縁で覚えた伝統音楽や、ある場所、ある作品、ある人、ある夢のためのオリジナル曲を演奏する。子どもたちと創る音楽サーカス「音のてらこや」を主宰。音楽の箱舟「表現(Hyogen)」のメンバー。ビデオアート・映画等のサウンドトラック制作や、 チェコ共和国での美術家、パペット作家等との共演、ダンス公演の生演奏など国内外の様々なアートシーンで活動している。
スポンサーサイト